Caroon!輸出王 株式会社セントレクス 検証レビュー

2020/11/16
 
Caroon輸出王
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは!未完です。
今回はせどり系商材の“Caroon!輸出王”について
検証レビューしていきたいと思います。

 

Caroon輸出王

販売名 Caroon!輸出王
販売事業者 株式会社セントレクス 根本毅
所在地 大阪市西区立売堀1丁目6-15日宝四ツ橋中央ビル3F
連絡先 06-4394-8734
URL http://caroon.jp/index.html

 

操作方法はかなり簡単で
日本価格を1円から5000円などに設定して
次に価格差を2000~などに設定して
1ヶ月に〇〇個以上売れているや3ヶ月、6ヶ月に何個以上売れている商品など
絞って検索することが出来ます。

その為、価格差はあるのに売れていない・・・
なんて商品を弾く事が出来る為、リサーチ時間をかなり短縮することが出来ます。

http://tennbai0708.com/export-3/

Amazon輸出をする上で必要なリサーチ時間を縮小し、

売れ筋の商品をピックアップすることができるツールのようです。

 

他の機能として利益計算機能がありますがこれは最近のツールであればどれでも備わっているので
とりあえず無視します。
スマホで使用できるという点がメリットとしてあげられていますがブラウザ型のアプリであれば
スマホで使えて最近はブラウザ型が増えているので
これも特別メリットとは言えません。

https://amazon-tool.jp/ranking/カルーン輸出王の評価【amazon輸出ツール】/

他にも利益計算機能やスマホでも利用ができる点がメリットとして

上げられていますが、ここ最近のAmazonせどりツールでは標準化されており、

特筆して優れたツールとは言えませんね…。ただ買い切りタイプなのでそこは評価すべき点です。

 

ですが、輸入とは違いお客様が外国人になりますので
輸入よりハードルが上がります。
販路であるAmazonはアメリカがメインになる以上英語です。
グーグルの翻訳機能を使えばある程度は出来ますが
AmazonFBAの出品は結構複雑で日本のAmazonですら出品するのに
結構てこずりますので、慣れるまではそれなりに時間を取られてしまいます。

https://www.money-brand.com/caroonカルーン輸出王%e3%80%80根本%e3%80%80毅%e3%80%80%e3%80%80%e3%80%80/

私も外国のお客様を相手にせどりをしていた経験がありますが、

言語に関してはGoogle翻訳でそれなりにコミュニケーションがとれます。

が、日本人の当たり前が通用しないので取引中のトラブル、クレーム等は覚悟のうえで

ビジネスをしなくてはいけないですね。まぁ大半はいいお客様ですし、慣れますが。

 

総括

今回はAmazonせどりの輸出に特化したツールを紹介しました。

せどりをしていく上で重要な商品選び価格帯等のリサーチ時間を短縮、

利益計算もついておりスマホでも操作が可能なため簡単に輸出を進めることができるツールですね。

また、本ツールは19800円の買い切りタイプということで、

月々のランニングコストが発生しない点も良いです。

デメリットをあげるとすれば、お客様が外国の方になるので英語で取引を進めることに

ハードルの高さを感じてしまわないかということと(輸出系全般に言えることですが)

為替に関する知識がある程度必要というところでしょうか。

レビューを調べてみても酷評をしているようなサイトは見受けられなかったので、

比較的安価ですし、使用するツールの一つとして検討してみても良いかもしれません。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 情報商材 report blog , 2018 All Rights Reserved.