UNION ユニオン 桐生亜紀 検証レビュー

 
UNION
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは!未完です。
今回は投資系商材の“UNION”について
検証レビューしていきたいと思います。

 

UNION

UNION

販売名 UNION

販売事業者 Will合同会社 天野健志
所在地 東京都品川区東五反田5-2-4AXASレジデンス目黒1301
連絡先 union.project.kiryu2020@gmail.com

URL https://union-pr0ject.net/sc/

 

さらにPOINTとして
タップする必要すらない完全自動のスマホ投資アプリ
毎日10万円が入金される抜群の安定性、堅実性、即金性
3年間の運用実績で実証された実績
とメリットが上げられています。

https://www.modul-int.com/investment/union/

スマホでアプリをダウンロードして投資を行うようですが、

完全自動でタップすら必要なしって逆に怖くないですか(笑)

言っていることが真実なら自動売買システムの可能性が高そうですね。

 

元外資系証券会社出身という、微妙な肩書ではあるが、日本でプライベートバンカーを名乗るのであれば、やはり、
https://www.saa.or.jp/apps/pb/list/pb_meibo.html(PB資格保有者名簿にリンク)
↑この名簿に名前が載っていて欲しいよね?
しかしながら、そこに、桐生氏の名前は載っていない・・・
この事実をどう思うかは、皆さん次第だ・・・

https://doray1965.com/union#UNION

プライベートバンカーとは、富裕層を対象とした資産や事業関連の助言を生涯にわたってサポートする

富裕層専門のコンシェルジュのようなもの。

ほんの一例ですが、税金、不動産、信託などなど金融に関する知識や経験が必要とされる資格です。

オファー主は肩書としてプライベートバンカーと言っている物のPB資格保有者名簿には載っていないようです…。

 

念のためLINEも登録すると、『First eye』のURLが送られてきます。

URLをクリックすると、『First eye』のログイン画面になりメールアドレスとパスワードを求められます。

ここでメールアドレスもパスワードも適当に入れてもログインできます…笑

ログインすると、資金や合計利益、エントリー数など『First eye』のデモ画面のようなものが出てきます。

ちなみにこれはアプリでも何でもありません。

https://bitcoin-land.net/union/

”First eye”というのは投資アプリの名称のようです。

適当なアドレスとパスワードでログインができるというセキュリティの甘さ!

ログイン後はただデモ画面が表示されるだけで、アプリと呼べる代物では無い感じですね…。

 

総括

今回はスマホを使用した無料の投資案件でした。

日収10万が自動でなぜ発生するのかロジックには触れていない点が引っ掛かりますし、

500名が運用しているのになぜ実績を公開しないのが謎です。

また、オファー主はPBと自身のことを紹介していますが、資格の保有者リストには

記載が確認できなかたため、もう黒確定で良いかと…。

やはりセールスページでビジネスモデルの詳細が不明瞭な案件は避けた方がいいですね。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 情報商材 report blog , 2020 All Rights Reserved.