月々10万で株の投資顧問を利用するも結果250万の損切り 25歳男性の体験談

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは!未完です。(ご無沙汰しております!)

 

今回は身の回りに潜むビジネス失敗談をテーマに、

体験者の方から募った実録のエピソードをご紹介したいと思います。

 

以前から興味があった株式投資に挑戦したRさん(当時25歳)

 

四年制大学卒の会社員Rさん(当時25歳)

地元ではネームバリューのある中小企業に就職が決まるも、

拘束時間が長く待遇面には、やや不満がありました。

 

現状を脱却すべく、Rさんが本業以外に取り組んだのが、“株式投資”

当時は、アベノミスク相場で株価上昇に期待が高まっており、

Rさん自身も株式投資には元々関心があったため選択に迷いはありませんでした。

 

手始めに株の関連書籍で一通り知識を身に着けるも成績は鳴かず飛ばず…。

当然ですが何の知識もない素人が書籍やネットの情報を一読しただけで、

優良銘柄をピックアップできるほど株式投資は甘くはありません。

 

独学で株式投資を行っていく事に限界を感じたRさんは、

ネットで偶然見つけた投資顧問(月額10万円)を利用し取引のアドバイスをしてもらうことに決めたのでした。

 

投資顧問サービスの利用を開始した結果

 

投資顧問とのやり取りはメールを介して進んでいきました。

当初は、指定された国内銘柄を淡々と保有していくだけの取引に、

「本当にこの銘柄は上がるのか…?」と懐疑的になっていましたが、

開始から半年後には、なんと約180万のプラスを達成。

買った当日に利益が出る銘柄がポートフォリオの大半を占めていました。

中には買って数時間後に2倍になった銘柄もあり、

Rさんは、寝食を忘れ株式投資にのめり込んでいくようになっていったのです。

 

180万プラスの好成績を叩き出すも、その後の成績は次第に失速。

 

投資顧問の言う通りに取引を行ってもなかなか株価は上昇せず、

むしろ下がる銘柄の方が多くなっていき2年目には250万円の損切りを行う羽目に…。

 

勢いのある銘柄は必ず買い増しを推奨されていたそうですが、

「もし株価が下落すれば損失も大きいのでは?」というRさんとの意見食い違いや、

指定された銘柄の中には上場廃止になる銘柄も出てきており、不信感が募った末に

月々10万円の投資顧問を辞めることにしました。

 

 

ーーー実践の開始前と後の生活の変化は?

 

「やっぱり利益が出るとうれしくて欲しかったものを次から次へと購入したりして

欲望がどんどん増えていきました。後々損失が増えてくるにつれ現実に戻った様な寂しい感覚になり極力お金を使わないような生活になっていきました。」

 

ーーー実践してみて後悔していますか?

 

「投資をしたことにより株式の流れや経済に関心を持つようになったのでそこはプラスだと思いましたし,政治や政策も株価と深くかかわっていますのでそういった記事を

読んだりといい習慣が増えたと思います。

同年代でやっている人もいなかったのでいい経験になったのではないかなと感じています」

 

「投資自体を行う事は悪い事ではなかったのですが銘柄選定やチャート分析、市場状況の把握など知識が無いままに市場に参加してしまったのが悪い部分だっだと思います。

投資顧問の意見を鵜呑みしてしまったのもダメでしたし、自分の頭で考え選び取引を行うべきでした。」

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 未完 , 2021 All Rights Reserved.